気象データビジネス利活用セミナー

プログラム

15:00~15:05 開会

15:05~15:20 講演

  • 題目
    こんなデータも! 活用できる気象データのご紹介
  • 講師
    気象庁東京管区気象台総務部業務課 情報利用推進官 井上 博敬 氏
  • 概要
    気象庁から毎日大量のデータが発信されているのをご存じでしょうか。
    大気、地面、海洋の諸現象を観測したデータとその予測データなど大変多様です。私からは、それらデータの概要を説明いたします。そして、多少なりとも気象データと関わりのある皆様の企業活動の更なる活性化にお役に立てればと思っております。是非、ご参加ください!

15:20~16:00 講演

  • 題目
    DX(デジタル・トランスフォーメーション)は気象データの活用から!!
  • 講師
    デジタル参謀事務所 代表社員
    (元NTTデータ 本社営業企画部長・元株式会社ハレックス代表取締役社長)
    越智 正昭 氏
  • 概要
    今年度上半期に放映されたNHKの朝ドラ『おかえりモネ』の劇中で、西島秀俊さん演じるヒロインの先輩気象予報士・朝岡覚が発したセリフ「私達が全力を尽くして提供するのは、大切なモノを守る“時間”です」、「気象予報は未来を予測できる世界なのです!!」…私は気象情報会社の社長を15年間務めさせていただき、退任した今も気象データをビジネスシーンにより広く活用していただきたく気象庁と一緒になって立ち上げた気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)の副座長を務めさせていただいているのですが、私もこのセリフに強く共感を覚えています。そしてこれが今話題のDX(デジタルトランスフォーメーション)のヒントになると確信いたしております。
    講演では、このあたりから、ビジネスシーンにおける気象ビッグデータの活用についてご紹介させていただければと考えております。

16:00~16:15 質疑応答・意見交換

16:15     閉会


当セミナーのPDFは、こちらからご覧ください。(別ウインドウで開きます)
・ファイル名:weather-seminar20211208-k.pdf(1.95MB)


参加方法

「参加登録」フォームより12月6日(月)までにお申込みください。
なお、参加方法は下記の2種類となります。

(1)会場参加(30名程度)

  • 登壇者との質疑応答・意見交換に参加できます。
  • お申込み人数によっては、制限をさせていただく可能性があります。

(2)Zoom参加

  • 当日オンラインでライブ配信をいたします。
  • 視聴URLは後日お知らせいたします。